生活動線考えよう|狭い空間でも広く感じられる工夫が詰まった狭小住宅の心地よさ
室内

狭い空間でも広く感じられる工夫が詰まった狭小住宅の心地よさ

このエントリーをはてなブックマークに追加

生活動線考えよう

家の模型

サブ動線が確保できるか

南海で戸建て住宅を購入する場合、マンションに住んでいる場合と比較して、家の中での生活動線がどうしても長くなってしまいます。特に、朝家族が出かける支度をしている時間帯は、家族が準備に動き回ります。そのため南海で戸建て住宅を選ぶなら、朝の忙しい時間帯が問題なく過ごせるかという点も大切なポイントです。例えば朝顔を洗ったり歯を磨いたりするために、家族同士が洗面所に出たり入ったりします。その時、洗面所の出入り口が一か所だけだと、家族が通る時にどちらかが道を譲りあう必要も出てきます。ですが洗面所の出入り口が2か所ある物件であれば、サブ動線が生まれるため、朝の忙しい時間に道を譲りあう必要が無く、スムーズに支度をすることに繋がります。

家事動線を考えてみよう

南海の戸建てにおいて考えるべき生活動線は、朝出かけている時間帯のことだけではありません。主婦にとって大切な生活動線である、家事の動線も忘れてはならないポイントです。例えば一般的な南海の戸建ての場合、洗濯機置き場が1階で、洗濯物は2階に干します。その時、階段が狭いもしくは急だとすると、洗濯物を持って2階のベランダに行くだけでかなりの重労働となってしまいます。洗濯物を干す時の負担が少しでも減らせるようにするために、どのような階段か確認することを忘れないようにしましょう。他にも料理と洗濯を同時進行で行うことが多い方は、キッチンから洗濯機置き場までの動線を確認しておくことも大切です。普段、家事をやっている流れをイメージして、自分に合っている動線が確保できるかという点のチェックが欠かせません。