住宅

狭い空間でも広く感じられる工夫が詰まった狭小住宅の心地よさ

このエントリーをはてなブックマークに追加

メリットを考えて選ぼう

住宅模型

寝屋川で戸建てを購入するなら中古の方が安いですが、誰も住んでいない状態で暮らせる新築を選ぶ方も多くいます。中古か新築かどちらがいいか迷っている場合には、それぞれの良さを比較して、自分たちの暮らしに適した家を選ぶようにしましょう。

Read

家具と同様で人気に

ウーマン

北欧家具が人気なように北欧住宅の人気も高まっていますが、北欧住宅は日本の高温多湿の気候とも相性が良い住宅となっています。北欧住宅は気密性が高いという特徴があり、冬場だけではなく夏場でも快適に過ごすことが出来るようになっています。また、冷暖房の効果も長持ちするので電気代を節約することも出来ます。

Read

狭いながらも工夫のある家

部屋

購入した土地の面積が狭い、住宅密集地で大きな家が建てられない、そんな悩みを抱えているなら狭小住宅があります。建物の面積は狭いですが、リラックスできる戸建て住宅へと仕上がるため、高い満足度を得る事ができます。狭小住宅の特徴はとにかく面積が狭い事ですが、生活に必要な設備と機能は備えているため、十分に暮らす事ができます。また家づくりには随所に工夫が見られるため、無駄がなく効率良くなるよう、特別な間取りになっています。見た目は小さい狭小住宅ですが、中に入ると広い空間に感じるよう、天井や壁や床には一工夫が施されています。キッチンやリビングはもちろん、個室も完備されているため、居心地の良い空間に仕上がっています。

全国各地に狭小住宅を作る業者が存在しますが、住宅会社によって得意分野は異なるため、情報を集める事が大切です。また目的やニーズを明確にすることも大事で、どの様な住宅にしたいのか、はっきりイメージすると良いです。狭小住宅と言うと面積が狭い分、安いイメージがありますが、間取りも内装も独特の設計になるため、価格は高くなります。そして部屋を作るのに精一杯なので、収納を確保するのは難しく、床や壁の一部が収納となる場合もあります。狭小住宅は建物の面積も限られているため、どちらかと言うと上に伸びる傾向があり、バランスが良く見えない事もあります。そして明り取りのため、天井に天窓を付ける場合もあるので、真夏になると暑く感じる事もあります。デザイナーと相談しながら、建物内部の環境のバランスが保たれるように相談を重ねましょう。

生活動線考えよう

家の模型

南海の戸建てにおいて、日々の生活に必要な動線をチェックすることは大切なことです。例えば朝の支度で家族が動き回る時間を考えて、メインの動線だけではなく、サブ同線が確保できるかチェックしましょう。さらに日々の家事で、動き回りやすい動線かイメージしてみることも必要です。

Read